9月の学外での活動について

9月に行われた研究室メンバーの学外での活動をまとめて報告いたします.
前の記事と時系列が前後しておりますが,ご容赦ください.

9月9-11日にスリランカ・コロンボで開催されたアジア交通学会(EASTS)にSalsa,Azarel,福田が参加し,以下の4件の成果発表を行いました.アジアの交通問題について総合的な議論を行う国際会議で,東工大のグループが運営において中心的な役割を果たしています.今回は第13回目の大会で,約300人の参加者がありました.(文責:福田)
- Development of Activity-based Model System for Tokyo Metropolitan Urban Rail Planning
[Shinya YAMADA, Masato ISHIBE, Yoshihisa YAMASHITA and Daisuke FUKUDA]
- Analysis of Maintenance Activities among Child-rearing Households in the Tokyo Metropolitan Area
[Ryoji ISHII, Yuichi MOHRI, Takahiro ISHIGAMI and Daisuke FUKUDA]
- Impacts of an Economic Incentive for Intercity Peer-to-Peer Ride-Sharing in Sparsely Populated Areas
[Azarel CHAMORRO-OBRA and Daisuke FUKUDA]
-The Impact of Railway Networks on Residential Land Values within Transit-Oriented Development Areas
[Salsabila Panji ARUM and Daisuke FUKUDA]



Colombo1.jpg

また,福田先生とM2の小川さんが9/20にSeminar on short-term prediction for the next generation transport management@京都大学に参加し,現在行っている機械学習を用いた鎌倉市内の交通分析について発表を行いました.

IMG_4237.JPGIMG_4239.JPG

[北]

RSS2.0