土木計画学秋大会

[2019.12.10]

更新遅くなり申し訳ありません.

11月30日から12月2日にかけて,富山県で土木計画学研究発表会・秋大会が開催されました.
福田研からは,M2の小川さんとM1の北,昨年度で卒業なさったOBの今岡さんと平林さんが発表を行いました.

小川さんは,「LSTMの枠組みによる交通量短期予測の検討:鎌倉市中心部を事例として」という題で,わたくし北は「同乗者属性に着目した完全自動運転ライドシェアシステム利用意向の規定要因分析」という題で発表を行いました.僕ら二人は,これからすぐにHKSTSでの発表も控えています.ここで満足せず次の発表に備えます.

また,今岡さんは「高頻度運行都市鉄道システムにおけ る列車−乗客の流率密度関係の検証」,平林さんは「混雑時の駅構内における歩行者流の速度-密度関係の空間 パターン」と題してそれぞれ修士論文の内容を発表なさいました.お二方には卒業以来半年ぶりにお会いし,社会に出てからのお話も伺うことができてとても楽しかったです.

また,M2の王さん,B4の鵜飼くんと田淵さんも聴講しました.自らの研究活動の参考になったと思います.



S__117522434.jpgS__488308740.jpg富山秋大会20191129-122_191206_0004.jpg1742.jpg1743.jpg

[北]

RSS2.0