ISTS & IWTDCS 2018 @愛媛大学

2018年8月 7日

[2018年8月4~6日]

愛媛大学にて開催された国際学会であるISTS & IWTDCS (International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardization) にて福田先生・中西先生とM2のAzarelさん・平林さん・金子さんが発表しました.

Azarelさんは「Spatial distribution of Blablacar's intercity peer-to-peer ride-sharing trips: Case study of Spain」

中西先生は「Feature Extraction of Inter-region Travel Pattern Using Random Matrix Theory and Mobile Phone Location Data」

平林さんは「Cross comparison of spatial partitioning methods for urban transportation network」

金子さんは「Route Choice Analysis in the Tokyo Metropolitan Area Using a Link-Based Recursive Logit Model with Link Awareness」

という題目で発表しました.
S__8241157.jpg
ISTS2018_02.jpg


Image from iOS.jpg

S__8241159.jpg
さらに,福田先生はプローブデータに基づいたETC2.0の利用紹介について講演をされました。
S__8241158.jpg

 | 研究活動

博士課程中間発表(壇辻さん)

2018年5月30日

[2018年5月30日]

一昨年の秋入学で現在博士課程2年を終えようとしている壇辻さんの中間発表がありました。

お馴染みの朝倉先生から、「交通需要マネジメントの際はmacroscopicな手法を取ることが一般的なのか?microscopicな手法を取るのがどうして難しいのか?」「point queを採用しているがphysical queの方がより一般的ではないか?」等と鋭い質問が多くありました。他の先生からも「macroscopicな手法は、既存の手法の一つとして用いているのか、それとも新たな手法を考案しているのか、その手法は考え抜いた上でベストの手法なのか?」等の本質的なコメントもあり、高いレベルでのやり取りが行われていました。

201805_dantsuji.jpg

 | 研究活動

卒業論文も発表会終了!

2018年3月 2日

[2018年2月20日]

卒業論文の発表会が無事終了しました!更新が遅くなり大変申し訳ありません。

そして五百蔵さんは発表賞を受賞しました!おめでとうございます!

1年間お疲れ様でした!来年度のさらなる活躍を期待しています!

S__89063440.jpgS__31383589.jpg

 | 研究活動

修士論文発表会終了!!

2018年2月16日

[2018年2月13日]

今年度の修士論文発表会が無事終了致しました!

2年間お疲れ様でした!!学生生活残り1ヶ月強、存分に楽しんで下さい!

S__88334348.jpgS__88334349.jpgS__88334350.jpgS__88334351.jpgS__88334352.jpg

 | 研究活動

研究活動

2017年4月 4日

本研究室では,国土交通から個人のモビリティに至る幅広い領域を対象に,主に解析的・応用経済学的なアプローチに基づいて研究を行っています.具体的には,(1) 旅行時間信頼性の経済評価と運用,(2) 自動車保有と利用に関する計量経済学的分析,(3) 歩行者挙動の計量経済モデルと効率的なデータ獲得アルゴリズムの開発,(4) 不確実性下での最適な経路誘導アルゴリズム,(5) 都市鉄道遅延の数理的研究,(6) ビッグデータ時代の交通調査と需要予測モデル等の研究に,近年は力を入れています.

代表的なプロジェクト

プロジェクト評価・費用便益分析
交通プロジェクトの経済評価において最も大きなシェアを占める「時間短縮便益」に関して,その貨幣価値原単位である「時間価値」について,理論的・実証的な研究を行っている.さらに,旅行者が平均旅行時間によって測られる速達性の向上のみならず,定時性(旅行時間信頼性)の向上にも大きな価値を見出すという側面にも着目し,その経済便益を適切に計測して事業評価に導入可能かどうかについても研究している.


地域間・全国レベルでの交通流動分析
全国を対象とした広域的・巨視的な観点からの交通政策分析として,自動料金収受システム(ETC)が高速道路交通需要に与えた影響の分析や,交通手段分担を考慮した地域間旅客需要のマクロ統計分析などを行っている.また,国土交通省道路局がここ数年来継続的に行っている全国の世帯を対象とした自動車保有・利用の動向調査の設計に初期の頃から携わり,そのデータを用いて,我が国の自動車保有・利用の動向の長期モニタリングや行動モデルの構築に取り組んでいる.

都市内レベルでの交通流動分析
主に東京都市圏を念頭に置いた都市内レベルあるいはそれよりもミクロなレベルでの分析を行っている.具体的には,次期首都圏鉄道網計画のための都市圏鉄道需要予測モデルの高度化・精緻化のための研究,都市鉄道の相互直通運転と列車遅延現象に関する数理的分析,交通ビッグデータを用いたアクティビティモデル分析等を近年の研究テーマとして掲げている.さらに,駅構内等の混雑空間を対象に,同画像処理と離散選択モデルに基づいた歩行者挙動モデルの構築及びシミュレータ開発に長年研究室として取り組んでいる.さらに近年では,開発途上国における次世代交通システム導入の意向分析を新たに開始し,フィールドを拡げている.また,旅行時間信頼性に対する道路利用者の観点からのシステム開発についても近年重点的に取り組んでいる.

国土強靭化のための計画理論
平常時のモビリティの分析のみならず,非平常時,特に,地震防災の観点からの基礎的な計画論についても取り組んでいる.具体的には,計画停電が首都圏鉄道ネットワークの利便性に及ぼした影響の数理的分析,自然災害とマクロ経済成長の長期動学分析,電力供給ネットワークの脆弱性分析など,従来の交通の観点にとらわれずに,幅広い分析を行っている.

 | 研究活動

研究方針

2016年3月31日

研究方針

  • 交通政策の実施,情報化の進展,社会構造の変化などによってもらたされる,経済的な影響や人々の生活行動のダイナミクスに関して,国土交通から個人のモビリティに至る幅広い領域を対象に,解析的,経済学的なアプローチを中心に据えて研究に取り組んでいます. 分析の基本的な流れは,行動モデルの構築・データ獲得・モデル同定・政策分析といった順番になります.いずれのテーマも,プログラミング言語(Python,R,etc.)に関する知識と,実装能力を向上させることを第一に,研究指導を進めます.ある程度,基礎的能力が向上してきたことが確認できたら,実際の分析に取り組みたいと考えています.
  • 交通プロジェクトの社会経済的な影響や,人々の生活行動のダイナミクスに関心がある人をお待ちしています.また,国土・地域・コミュニティのあるべき姿と交通システムの役割について議論したい人も歓迎します.
  • 研究については,(1) 週1回の研究室ゼミ[交代で発表,英語中心],(2) 教員との個別の詳細研究打合せ[通常は週に1回程度,卒修論佳境時は2日に1回程度]を基軸として進めます.それ以外にも,(3) 東工大TSUでの合同ゼミ[秋期ゼミ合宿,冬期中間発表,2ヶ月に1度開催の博士学生合同ゼミ]や,(4) TSUの各種セミナー[不定期],(5) 他大学との合同ゼミ・セミナー[不定期]などのイベントが有ります.年間活動のイメージは,こちらを御覧ください.
研究室紹介スライドを以下に掲載します.研究室訪問には随時応対しますので,お気軽にご連絡下さい.

 | 研究活動

RSS2.0