博士課程中間発表(壇辻さん)

[2018年5月30日]

一昨年の秋入学で現在博士課程2年を終えようとしている壇辻さんの中間発表がありました。

お馴染みの朝倉先生から、「交通需要マネジメントの際はmacroscopicな手法を取ることが一般的なのか?microscopicな手法を取るのがどうして難しいのか?」「point queを採用しているがphysical queの方がより一般的ではないか?」等と鋭い質問が多くありました。他の先生からも「macroscopicな手法は、既存の手法の一つとして用いているのか、それとも新たな手法を考案しているのか、その手法は考え抜いた上でベストの手法なのか?」等の本質的なコメントもあり、高いレベルでのやり取りが行われていました。

201805_dantsuji.jpg


RSS2.0