ISTS & IWTDCS 2018 @愛媛大学

[2018年8月4~6日]

愛媛大学にて開催された国際会議であるISTS & IWTDCS (International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardization) にて福田先生・中西先生とM2のAzarelさん・平林さん・金子さんが発表しました.

Azarelさんは「Spatial distribution of Blablacar's intercity peer-to-peer ride-sharing trips: Case study of Spain」

中西先生は「Feature Extraction of Inter-region Travel Pattern Using Random Matrix Theory and Mobile Phone Location Data」

平林さんは「Cross comparison of spatial partitioning methods for urban transportation network」

金子さんは「Route Choice Analysis in the Tokyo Metropolitan Area Using a Link-Based Recursive Logit Model with Link Awareness」

という題目で発表しました.
S__8241157.jpg
ISTS2018_02.jpg


Image from iOS.jpg

S__8241159.jpg
さらに,福田先生はプローブデータに基づいたETC2.0の利用紹介について講演をされました。
S__8241158.jpg


RSS2.0