後期第11回研究室ゼミ

[2018年12月20日]

今日は今年最後のゼミがあり、岡さん(D2)、壇辻さん(D3)が発表されました。

岡さんはRecursive Logit Modelを用いたツアーパターン選択モデルに基づく、東京首都圏における貨物車の時空間流動パターンについて分析されています。

壇辻さんは、道路ネットワークのHypercongestionと鉄道の列車内混雑を考慮した交通手段・出発時刻同時選択モデルを構築し、最適な課金方法について研究されています。


RSS2.0