2018年度研究室ゼミ第3回(Azarel, Salsa)

[2018年5月16日]

今回の担当はAzarelさん(M2)とSalsaさん(M1)でした.

Azarelさんは秋入学であり今年の7月に終了予定のM2なので,現在進めている研究の状況についての報告を行いました.「相乗りサービスを社会インフラと見做し,辺鄙な街の住民の足を創出する」旨の研究を行っており,スペインで収集されたブラブラカーのデータを用いて,構築したモデルの妥当性について検討しているところです.

Salsaさんも秋入学であり,M1の後期を迎えているところです.「沿線開発の評価モデル」を作成しようという中で,様々な指標について紹介してくれました.


RSS2.0