2018年度基礎ゼミ第5回「MNLの導出とパラメータ推定」

[2018年5月14日]

第4回まででイントロダクションが終了し,第5回以降の基礎ゼミでは専門的な内容をプログラミングと併せて学びます.今回は「MNLの導出とパラメータ推定」でした.朝倉研究室(TSU所属研究室)の小泉くん(M1)と室くん(M1)が担当でした.

目玉の内容は統計ソフトRにおける「maxLik」パッケージの導入でした.従来使用していた「Optim」パッケージは,交通手段選択モデルなどにおいて,交通手段によって分析対象となるサンプルが異なる場合,誤った推定結果が出てしまうという問題がありました.それを解決するために新たな「maxLik」を導入したということです.


RSS2.0