研究論文紹介(土木学会論文集)

研究室で長年行っている「旅行時間信頼性 (Travel Time Variability)」に関する論文が刊行されました.朝倉康夫先生のグループとの共同研究です.

  • 福田 大輔,水口 正教,瀬尾 亨,日下部 貴彦,朝倉 康夫「広域・長期観測プローブ情報を用いたエリアレベルでの旅行時間信頼性評価」土木学会論文集D3(土木計画学)73 巻 (2017) 5号 pp. I_1105-I_1118. (本文

旅行時間信頼性の評価は,リンク,経路,路線などと言った"線分"単位で行うことが基本でした.これに対し本研究では,ここ最近の急激なプローブ情報の蓄積を背景に,任意の時間空間領域(すなわち"面"単位)で車両の走行軌跡データを集計して得られる総走行距離・総旅行時間の統計値を用いて,エリアレベルで旅行時間信頼性指標を算出する方法を提案しました.それにより,例えば,ある行政地域全体の道路網の時間信頼性のパフォーマンスの評価,面的な施策(エリア流入課金)や外的ショック(降雪等)の影響等の分析が可能になります.


RSS2.0